HOME > 脱毛のリスクとケア

脱毛のリスクとケア

脱毛のリスクとケアについて

脱毛にもリスクはあります。
脱毛のリスクは、主に施術直後のヒリつき、赤み、むくみがありますが、翌日には治ります。
2~3日経っても引かない場合は、ご相談下さい。
また、まれに毛嚢炎、増毛、硬毛化などの症状が出ることがあります。その際は当院にご来院して頂き、診察をさせて頂いて、薬を処方させて頂きます。

施術直後の赤みやむくみ

個人差はありますが、皮膚の赤みやむくみが施術後に現れることがあります。多くの場合、翌日には治りますがワキ・ビキニラインなど、元の毛が濃く太い部位は、レーザー照射によって多量の熱が多く発生して、周囲組織を傷害し、赤みやむくみ(炎症性浮腫)が起こることもあります。
多くの方に現れる可能性が高いので、施術後の状態によりお薬をお渡しして対応しておりますが、2~3日経過しても症状が改善されない場合は、一度受診して頂くようにお願いしております。

毛嚢炎

脱毛の際のレーザーの熱によって、お肌のバリア機能も軽く傷つきます。その際に毛穴に雑菌が入ってしまうと、バリア機能が弱まっているために雑菌の繁殖が抑えられずに、炎症を起こす場合があり、これが毛嚢炎です。毛穴の周囲が赤くなり痛みを感じたり、ニキビのようになることもあります。体質により出来やすい方もいらっしゃいます。
すぐにご相談して頂きたいと思います。医師がお肌の状態を診察させて頂き、お薬(内服薬・軟膏)など適切な処方させて頂きます。

増毛・硬毛化

増毛・硬毛化はレーザーや光の照射の影響により、脱毛部位の毛がかえって増えたり(増毛化)、濃く固くなったりする(硬毛化)現象です。
うぶ毛など、もともとの毛が薄い部位(顔・上腕・うなじ・背中など)で起こるリスクが高くなりますが、ごくまれに起こる副作用です。多くの場合、照射を続けることで脱毛が出来ますので、ご安心ください。

メール・お問い合せ
027-330-2215
予約受付

※脱毛につきましては予約制になりますのでお電話又は受付でご予約下さい。

[休診日]水曜午前、土曜午後、日曜、祝日